2009年1月18日日曜日

青春とは

裏庭でフキノトウが顔を出していました                   
  我が家の沈丁花

春を待つ波田安養寺のしだれ桜









「千の風になって」の作詞、作曲された新井 満さんの話をテレビで観た。ウルマンという方の原作のポエムをご本人が重訳したという事で、抜粋して読んでくれた。歳若くても「情熱」・「夢」のない人は老人。いくつになっても感動する心、努力、夢、やる気のある人、まさしく青春を楽しんでいる人ということを聞き胸が熱くなった。今年も前向きにいろいろ学んでいきたいと思いました。





4 件のコメント:

doratya さんのコメント...

ふきのとうが顔をだすなんて、嬉しいですね。アルプスの写った松本城素敵です。なかなかこの景色は撮れないんです。

ちょろ さんのコメント...

寒い松本ですが 春は確実にやってきていますね。
フキノトウを見つけるなんて・・・うれしいなぁ・・・私もこちらで探してみようっと。

クワ さんのコメント...

ふきのとうを見つけたのですか? 嬉しい春の便りですね・・・
松本城素敵に撮れましたね!
へッダーの写真も素敵です!!

スヌーT さんのコメント...

ふきのとうが…もう出たんですか!!

コスモスさんの写真見ていると…
なぜか春が近いよ~と思わせて??
ちょと嬉しいです。